NHK

《NHK》司会の有村架純もパニックに!紅白歌合戦の勝敗結果があまりにも不自然すぎた件

更新日:

2016年の大晦日、実家に帰ってかかっていたテレビ番組は紅白歌合戦でした。

司会が有村架純と相葉雅紀でフレッシュだなって印象。そして現在のテレビ番組では視聴者がリモコンを使って投票に参加できたり上手いこと出来てるなぁ〜と感心していた中、事件は起きてしまったのでした。

楽しい(はずだった)視聴者参加型の投票システム

家族がはしゃいで「白だ、赤だ。」と投票を行っている中、中間報告で白が圧倒的に優勢である事が配信されました。

 

最終的な結果は・・・

 

紅組が2,527,724票

白組が4,203,679票

 

と圧倒的な大差。

また、会場の客席の投票結果も、

紅組が870票

白組が1,274票

とこちらも同じく大きな差がついていた。

 

100%、天地がひっくり返っても白組の優勝!!!

 

しかしそんな中事件は起きた。

審査員の投票が加わると、軍配は紅組に。

じつは視聴者投票と会場投票はそれぞれ2票ずつの扱いでしかなく、審査員の11票で勝負が決まってしまった......ということらしい。

 

そう、全てひっくり返して紅組の優勝である。

勝敗を左右する投票ボールのカウント形式

実は『第67回紅白歌合戦』の勝敗を握っていたのは「ボールの数」

  • ゲスト審査員のボールは10個
  • ふるさと審査員は全員で1個
  • 視聴者は2個
  • 会場一般客は2個

計15個の争奪戦です。

接戦であれば視聴者の票が勝敗を左右しましたが、今回の様な大差の場合はまさにゲスト審査員次第という事になり、大ヒンシュクである。

司会者すらテンパってしまった結果発表

というか、視聴者の何千何万という投票数に対して、与える事の出来る影響度の低さはカス並みとしか言い様が無い。

司会の有村架純も、

「え?え?!白組が優勝だと思ったんですが…(発表結果の方が放送事故で間違ってません?的な)」

と完全にテンパり、右往左往の状態でNHKアナウンサーから強引に優勝トロフィーが贈与され、終了、という絵ズラに。

正直どっちが勝とうとハッピーエンドなのが紅白歌合戦の最大の魅力のはず。今回に関しては完全に視聴者をバカにした審査形式を取ってしまった事で裏目に出てしまった様です。

さいごに

結構芸人が頻繁に登場してエンターテイメント性が増した紅白歌合戦でしたが、根本的な運営指針が腐っているなという感じでした。

という事で、来年はゲストとふるさと審査員、来場一般客、視聴者の四者に同じ比率の投票権限を付与させて貰えたら日本の国民性にもマッチしてんじゃないの?

スゲェやつが現れた!!「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志氏 

-NHK

Copyright© LastescapE , 2017 AllRights Reserved.