アプリ

奨学金の返済が免除!?『クマ財団』のクリエイター奨励プログラムが凄い!

更新日:

「クリエイターになりたい。けど自分にはお金がない。」

こういった経済的にゆとりは無いが野心のある若い世代を応援しようとする、’返還義務を負わない’給付型奨学金が今注目されています。

この奨学金プログラムを設立した人物は「白猫プロジェクト」と聞けば誰でも分かるであろう株式会社コロプラを経営している馬場功淳さん。

今回は自身がクリエイターでもある馬場さんの『クマ財団』とその全容にクローズアップ!!

「クマ財団」とはどんな組織なのか

参考クマ財団

返還義務が無い給付型奨学金」と聞いたら誰もが注目するかと思います。

「クマ財団」は初耳の組織だと思いますが、この組織は株式会社コロプラの馬場社長が理事長として2016年3月30日に設立された、学生の為の支援団体。

この「クマ財団」での取り組みは一見本体である株式会社コロプラの企業存続のための先行投資と受け取られがちですが、どうやらそうではないのではないかと私は感じています。

新しい芽を育てながらも自社へのコンテンツ提供を条件にしていない点が特徴的で、年間50人、計6000万円を夢見る学生の為に支給しようという試みです。

内容はざっくり下記の様になっています。

クリエイターを目指す25歳以下の学生が対象

募集人数:50名

年間給付額:120万円

毎月10万円を給付する奨学金システムという事になりますが、これはクリエイターを目指す学生にとってはとんでもない好条件かと思います。

一般的な奨学金制度では第1種奨学金と第2種奨学金があり、1種は無利息、2種は利息ありというパターンです

私も大学費用は奨学金を活用しました。現在約480万円を返済中で、正直、中々大変です。

従来、どんなに好条件でも’無利息’が最大であったはずの奨学金ですが、「返還義務を負わない」という点は個人的に衝撃的でした。

奨学金の対象となる学生

対象者の詳細では下記に該当するクリエイター志望の方となっております。

(1)2017年4月に、高専4年生以上及び専攻科、専門学校、短期大学、4年制大学、大学院(以下「大学」と記載)に在籍する学生

(2)2017年4月1日現在で25歳以下の者

(3)クリエイター(オリジナルの映画、ゲーム、作曲家、画家、作家、漫画家、映像作家、技術、デジタルコンテンツやサービス等の作り手)を目指し創作活動をしている者

(4)ものづくりに対して情熱がある者

(5)選考のため、自作の作品を提出可能な者

参考クマ財団

平たく言えばありとあらゆる創り手という事になります。

しいて言えば’学校に在籍している学生である’という点ですね。

私の身の回りの友人にもクリエイターを志して下積みしている人間がいるので、この点はよく理解できます。

’クリエイターを志すだけでも金が要る’という事を!

クリエイターの定義

クリエイターってそもそも何なんだ?という話ですが、私自身も明確な線引きは出来ておりません。

馬場さんが運営されているクマ財団でも線引きはありませんが、主に下記の方をクリエイターと定義しているそうです。

クマ財団で定義されているクリエイター〜技術者〜

  1. テクノロジー
  2. サイエンス
  3. アプリ
  4. サービス
  5. ゲーム
  6. ロボット
  7. VR
  8. 言語
  9. ツール

クマ財団で定義されているクリエイター〜アーティスト〜

  1. 映画
  2. アニメ
  3. 作曲
  4. 漫画
  5. プロダクトデザイン
  6. グラフィック
  7. 建築
  8. 写真
  9. 絵画
  10. 彫刻
  11. ファッション
  12. メディアアート
  13. 工芸
  14. 小説
  15. 書道
  16. 戯曲
  17. パフォーマンス

これらのジャンルを見ていただくと分かる通り、もうほぼ全ジャンルと言っても過言ではありません。

クマ財団の奨学金プログラムに合格するメリット

クリエイターは世に評価されるまでの間、生活としては非常に厳しい状況にあります。

生活苦を理由に夢半ばで別の道へ進んでいく人の方が圧倒的多数というのが現実ですが、クマ財団の奨学生に合格すれば費用だけでなく、自身の作品が世に拡散されるための仕組みが施されています。

この点も他の奨学制度と異なる特徴です。

  • メンター、クリエイター、企業の紹介
  • スキルアップ支援
  • 創作/発表スペースの提供
  • 資料貸し出し・情報提供
  • 奨学生同士の交流やプロジェクト活動・グループ展のサポート

参考クマ財団

正直な感想としては、奨学金の給付が無くても良いので上記条件で何とかチャンスを掴みたいとすら感じる若きクリエイターたちも少なくないのではないでしょうか?

「クマ財団」はクリエイターとしてデビューする為のある種’登竜門’の様な役割を果たしていくと言えますし、1期生が選出される今年、どんな面々がこのカリキュラムに合格するのか楽しみです。

給付期間は1年間「様々なカリキュラムで学生を支援」

同時に合格後〜満期日までの1年間は養成カリキュラムが組まれます。

2回実施される合宿の中では、クリエイターズワークショップから取材、ディスカッション、発表、講評など、気づきと学びを得るには格好のチャンスの場になっています。

個人的に良いと感じたカリキュラムは、最終的に行われる展示会での一般公開、こちらはプロからの講評もあるそうで、良い作品がプロの目にとまれば何かしらチャンスを掴めるかもしれない。

さらに嬉しいことに「KUMAクリエイターズカタログ」という1年を通して行なった活動などを紹介するカタログを発行してくれるそうです。これは後に就活にも使えそうです

まとめ

コロプラと聞いたら「白猫プロジェクト」しか印象にありませんでしたが、「クマ財団」を通して個人的には馬場社長の人間性が垣間見えた様な気がします。

給付金だけでも年間6000万円を投資する訳ですし、その他にも運営経費がかかるはずです。きっと億単位での慈善奉仕なのではないかと思う。

クリエイターになりたいけどお金やチャンスが無いという学生がもしも身の回りに居たら、この「クマ財団」について知らせてあげたいです。

あなたの身の回りにもそういった学生がいたら是非教えてあげて欲しい。

今年、どんな50名が選ばれるのか非常に楽しみですね。ではまた。

『Best Recommend!!』

-アプリ

Copyright© LastescapE , 2017 AllRights Reserved.