便利ツール

ワードプレスのプラグインやサーバーなど他webサイトの情報を丸裸にする解析ツール

更新日:

サイト作成するにあたって理想の様な目標にしているサイトが皆さんにはありますか!?

webサイトは正解というモノが存在しませんよね。

  • ワードプレステーマをどうするかなどの見た目などの外的要素
  • どの様なワードプレスプラグインを導入すべきか、サーバーはどこにするかなどの内的要素

ワードプレステーマについては過去記事でも書いたsimilarwebを使えば大体わかりますし、アクセス数もざっくり分かります。

外的要素は結構調べやすいです。

関連記事他サイトのワードプレステーマを調べる方法と人気サイトのテーマ調査5選

関連記事『similarwebの使い方』他サイトのアクセス数を調べる方法+人気7サイトを実際に調査

しかし、内的要素はお手本にしたいサイトが存在していても、相手の台所事情を知ることは容易じゃありません。

今回紹介するwebツールは調べたいサイトを丸裸にする神ツールです!

 ワードプレスのwebサイトを解析する無料ツール『built with』

参考https://builtwith.com

このwebサイトは日本語対応していないので、全て英語表示になっています。

しかし、とてつもなく便利!!

URL入力欄に調べたいwebサイトのURLを入力するだけで全部わかっちゃいます!

私のサイトでデモンストレーションしてみましょう!

『built with』で解析できる内容

まず知りたい情報の一つ、サーバーが分かります。

自分のサイトの表示速度が理想とするサイトとかけ離れている場合、使用基盤となるサーバーそのものが違っている可能性が結構あります。

自分はエックスサーバーを利用中ですが、見事見抜かれています。

  • ワードプレスのバージョンがいくつなのか
  • アドネットワーク広告は使っているのか
  • ワードプレステーマは何なのか

など、全部表示されています。

私のワードプレスバージョンは4.7、テーマはsimplicity、Googleアドセンス導入と全て合致してますね。

アフィリエイトのA8などを使っていた場合にもここ表示されます。

そのサイトがどこのアフィリエイトプロバイダを使っているのか分かっちゃう訳です。

この辺もデベロッパーにとっては欲しい情報でしょうか。

個人運営者はあまり気にする所ではないですね。

ここにはウィジェットで使っているプラグインが表示されています。

他サイトが自分にとって身に覚えのないプラグインを導入している際は是非そのプラグインを調べてみて、導入検証してみようとするキッカケをくれますね。

ここからは自分では認知していないプログラムがズラズラ出てきますが、複数サイトを調べている内に相違点が分かってきます。

ただ、ここからの部分に関しては個人運営者はさほど気にすべき項目はありません。

以上が無料で解析できる内容でした。

エンジニアなど、使う人によっては「ここまで丸裸になっちゃうの!?」と愕然とする様な解析結果だったと思います。

まとめ

冒頭でも紹介しましたが、自分が気になったサイトを発見した時にはまず100発100中で「similarweb」でざっくりとしたアクセス数や流入元を調べます。

ワードプレステーマがパッと見で特定できない際は「What WordPress Theme Is That?」で検索をかけますね。

「このサイト憧れるわぁ!!!」

って時には今回紹介した「built with」で使用環境を拝見させて貰って、自分も参考導入できる点は無いか詳細解析していきます。

と言っても、コンテンツ重視で検索順位が変動していくのでやはり中身が重要なんですけどね!

でもやっぱり気になっちゃうから調べちゃう!(笑)

コンテンツを充実させる為のリライトやテーマ特集についてはこちらの記事をどうぞ!

関連記事《SEO対策》過去記事のリライト(追記修正)時に心掛けたい7つの項目と成功事例

関連記事人気ワードプレステーマ6つをデモサイトの表示速度で比較したSEO的検証結果

そんでは、また!

『Best Recommend!!』

-便利ツール

Copyright© LastescapE , 2017 AllRights Reserved.