WordPress

FC2ブログからワードプレスへ引越しする方法を記事や画像などの手順別に解説

投稿日:

私が持っているサイトに2014年に500文字くらいの記事を100本入れて放置になっているFC2ブログがあります。

テーマは酒

この酒キュレーションサイトがホントカスい。

つまらない上に役にも立たない内容で埋め尽くされている記事を見て、我ながら「クソサイトだな」といつも気になっていました。

<現在のアクセス状況>

  • 月間UU:3000前後
  • PV数:3500〜4000
  • 直帰率:92%
  • 滞在:1分未満

4000PVもアクセスがある事自体が奇跡です(笑)

こんなカスサイトも過去の自分が作ったのかと思うと、何故か捨てがたい気持ちなっていてワードプレスの引越しを検討しています。

加えて過去記事でも特集した『リライト』を派手にかまして月間5万PVくらいの物販に更生させようかなぁと。

この記事は自分の為の記録として随時追記して引越しまでの手順をまとめていきたいと思います。

FC2ブログから記事データをエクスポート・修正

まずは記事データをエクスポートして保存。

その後、そのファイルを開いて下記の黄色の網掛けから青の網掛けに一括置換を行う。

AUTHOR: 旧ブログでのユーザー名が表示
TITLE: 旧ブログでの登録名が表示
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 0
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 旧ブログでの登録名が表示
CATEGORY: 旧ブログでの登録名が表示

AUTHOR: 新ブログでの登録名に変更
TITLE: 旧ブログでの登録名が表示
STATUS: Draft
ALLOW COMMENTS: 0
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 0
PRIMARY CATEGORY: 新ブログでの登録名に変更
CATEGORY: 新ブログでの登録名に変更

PublishとDraftの違い

  • Publish(投稿記事公開)
  • Draft(投稿記事下書き)

この作業は簡単。小学生でも出来る作業レベルだ。

次は画像に関するURL記載を変更。

ここで何の修正もしなくてもきちんと画像は表示されるが、画像は旧ブログのURLから引用転載される形で表示される事になるので、旧ブログを削除した場合、画像も一括で消えてしまう。

移行先ワードプレスの画像保存用フォルダから表示される様に修正しなければならないという訳だ。

http://旧ブログサブドメイン名.blog.fc2.com/img/○○.jpg

http(s)://新ブログドメイン名/wp/wp-content/uploads/○○.jpg

WordPressの画像フォルダ保存先はデフォルトで「/wp-content/uploads/」なのでこのファイル名を設定。

この作業も一括置換で行うので作業量的には簡単だが、置換を間違えるとアウトなので注意を払う必要がある。

少し精神的に疲れる作業フローになるかもしれない。

WordPressへFC2ブログの記事データをインポート

ツールをクリック。

インポートをクリック。

Movable TypeとTypePadを選択。

インポートファイルを選択して実行!

これで記事のインポートは完了。

FC2ブログから画像データをエクスポート

FC2は本当に引越しが面倒な仕組みで100件ごとに選択していくしかない…

ダウンロードした画像ファイルはFTPソフトを起動させて手動でインポートする必要が有り!

ここで問題が発生!

FC2ブログの画像ファイルはアップロード時に自動でアイキャッチ画像用のミニサイズと通常サイズの2つが自動生成される。

不要ファイルも一括ダウンロードしてしまうなら別に気にする所ではないが、不要なファイルを保存して容量を無駄遣いするという不毛なことは出来れば避けたい。

  1. 手動で一個一個選定
  2. 一括ダウンロード後に不要ファイルを一括選択削除

個人的には②を推奨するが、そもそも私の場合は全てがカスな仕上がりのサイトなので画像から見直す必要があった。

よって

3. イチからユーザーの目を引く適切な画像を収集する

③で修正する事にした。

引っ越しが完了してもアクセスが改善しなければ何の意味も無い。無駄な労力でかえってマイナスだ。

備忘録としての記録だが、閲覧してくれる方の為に①②でダウンロードした画像の保存先を追記する。

移行先のワードプレスサイトをサーバーパネルかFTPソフトを使って’ファイルの編集’を行う。

画像の保存先は「/wp-content/uploads/」

FTPソフトはWindowsで言うところのコントロールパネルのようなもの。

過去記事にざっくりまとめてあるのでFTPについて訳ワカメな方はそちらを参照してほしい。

「/wp-content/uploads/」のフォルダに画像を格納したら、あとはOK!

画像に関するURL記載の一括置換に間違いさえなければ正常に表示されるはず。

インポートデータの修正

正直私の場合はこの作業が要する時間のほとんどになる。

500文字やそこらでなおかつ引用転載ばっかりの記事をリライトする作業はもはや新規投稿と何ら変わりない作業だ。

地道に修正を繰り返して、過去の自分が作ったカス記事たちをレスキューしてあげたい。

エクスポート→インポートが完了した方も1記事1記事確認することをお勧めする。

謎の無駄な改行や見出しタグの修正はどうしても必要になる。

特に見出し1〜3の修正は意識して行った方が良い。

旧ブログのGoogleのインデックスを削除

この作業は記事の引っ越し作業以上にとても重要になる。

なぜならば、旧ブログのインデックスを削除しないと重複コンテンツとして新ブログがペナルティを受けてしまうからだ。

  • 旧ブログをインデックスから削除『サーチコンソールを使い削除申請を出す』
  • 旧ブログを丸ごと削除『FC2管理画面から全削除』

旧ブログのヘッダーにクローラー向けにnoindexの記述をして次回からインデックスさせない手段もあるが、個人的には旧ブログを丸ごと削除して完全に抹消する事をオススメする。

もう記事や画像は新ブログに保存されているのだから、旧ブログにこだわる必要はないし、むしろリスクの観点から見ても邪魔なくらいだ。

新ブログの各種登録(Googleアナリティクス・サーチコンソール)

  • 旧ブログの登録を解除
  • 新ブログの新規登録

登録しているサービスを書き出して解除/新規登録をするだけ。

これで完了!!!

まとめ

今回の記事は自分への備忘録としてなので、解説不足になった点の指摘は追記加筆するが、基本的には下記の様な人には私と同じ作業フローで問題ないかと思う。

  • 過去サイト・記事がGoogleから受けていた評価を引き継がなくて良い
  • 画像ファイルはFC2では大小サイズ2種が自動生成されている為、全データダウンロードじゃなく過去記事全ての画像を再度探し直す方向でも構わない
  • 過去記事を丸ごと削除して良い

過去記事をリライトしていく事で過去の自分の作業や時間を無駄にせず、エコな運営をしたいと思うが、実際問題はイチから作り直した方がよっぽど効率的な場合もある。

死んだ旧ブログをどうするか?

この点からよく考察した上で引越しをしていくべきだと思う。

『Best Recommend!!』

-WordPress

Copyright© LastescapE , 2017 AllRights Reserved.