SEO(検索エンジン最適化)

トレンドワード&検索数調査で検索エンジン最適化(SEO)+アクセスPV数アップの3つの秘訣

更新日:

webサイトを運営していると必ず誰もが悩むことになる『キーワードセンテンス』と『ネタ集め』、今回は特にアクセス検索数を上げるSEOと若年層ユーザーの検索動向をつかむ秘訣を公開します!

若年層に焦点を当てたアンケート調査サイト『Tes Tee Lab』

参考https://lab.testee.co

こちらのサイトでは恋愛から雑学に至るまでのあらゆるジャンルをアンケートで定期調査し、結果を発表していくというブログメディアになっています。

ここのアンケート結果が実に秀逸!事例は後ほど紹介します。

Tes Tee Lab(テスティーラボ)はきちんとした株式会社で、WEBアンケートに特化したサービスを展開しています。例えばこんなの。

チャット画面作成ツール『FastSonar』

チャット型なので面と向かって話せない様な事もネット媒体だからこそ調査対象者が吐き出してくれるというメリットがあります。

ローソンやソフトバンクも社員の意識調査などにこのアンケートサービスを導入するなど、実績を残している今注目の会社です。

それで本題ですが、今回の『TesTeeLab』は結果を発表する為に用いられているアプリが秀逸です。

アンケートお小遣いアプリ『TesTee』(テスティー)

このアンケートアプリを調査対象者のユーザーとして使うと、回答に応じてポイントを獲得することができます。

画像を見て直感的にスワイプするだけのアンケートなので、実にシンプルな仕様です。

50円からギフト券に交換できるので、学生や主婦、会社員などスキマ時間にお小遣い稼ぎが出来ちゃいます。

アンケート参加者のやる気も上げつつ、ユーザー数が右肩上がりで増えているのでちょっとしたお小遣い稼ぎアプリとしても優秀です。

いわゆる昔で言えば「ポイントサイト」の簡単版みたいなもんです。

では、実際にトレンドワードをつかむまでの手順に移りましょう!

実際に若年層のトレンドワードを知る事例を紹介

例えばこの記事!アプリ系のwebメディアを運営している人も使えると思います。

1234人がアンケートに参加したという事で非常に大規模な調査内容でした。著作権の兼ね合い、データの直接引用は出来ませんがアンケート参加者の内訳はこういった感じでした。

  • 10代:482人
  • 20代:458人
  • 30代:155人
  • 40代〜:139人

引用:ホーム画面には何がある?スクリーンショット調査【第一弾】

10代〜20代がほとんどです。スマホやアプリ大好き世代でGoogle検索が最も盛んな年頃だと思います。

ホーム画面のトップに入っているアプリ部門ではこんな結果が。

1位 LINE  715人

2位 Twitter 294人

3位 Youtube 154人

4位 Google Maps 140人

5位 Instagram 131人

引用:ホーム画面には何がある?スクリーンショット調査【第一弾】

アクセス数を上げる為にはロングテールキーワードを拾うことが重要ですが、スマホのトップに入れている生活インフラになっている様なアプリであれば当面の期間はこれに関するHowto記事がアクセスを生んでくれます。

この結果を見て「LINE」の記事を投稿していこうと決めていく訳です。

次にホーム画面のトップに入っているゲームアプリ部門です!

1位 ポケモンGO 46人

2位 ツムツム 32人

3位 モンスターストライク 13人

4位 パズル&ドラゴンズ 10人

引用:ホーム画面には何がある?スクリーンショット調査【第一弾】

モンストやパズドラよりもツムツムの方が多いということに驚きますよね!

モンストやパズドラは未だに売れていますが、ユーザーが徐々に飽きはじめてきている兆しなのではないでしょうか?

衰退していくテーマのコンテンツを発信するよりも、伸びしろ大きい方が断然良いことは言うまでもありません。

特にインターネットの中では検索上位に来るまで時間がかかるので、待っている間にユーザーが飽きていたなんて事も十分に有り得る訳です。

とりあえずゲーム系のネタならポケモンGOを選択すべきと分かりましたよね!

最後にツールアプリ!

1位 Google Maps 140人

2位 Google 102人

3位 Yahoo! 95人

4位 乗換案内 90人

5位 Gmail 81

引用:ホーム画面には何がある?スクリーンショット調査【第一弾】

こんな結果でした。このアンケートを見て、

Googleマップを書こう!となる訳です。

ただし、よく使われているアプリだから検索数が多いかと言うと一概にそう言い切ることも出来ません。

場合によってはユーザーが既に使いこなして’分からないことが無い’状態も十分に有り得るとは思います。

ただし、長いスパンで見た時に息の長い記事を生んでくれる可能性は高まります。

この様に若年層の需要を知ることができる素晴らしいサイトなので非常に有効なツールとして武器になると思います!

他にも良いアンケートがたくさん発表されているので見てみてください。

次に『goodkeyword』で先ほどのテーマをさらに深く調査!

参考http://goodkeyword.net

このサイトではGoogleとBingでの検索ワードの組み合わせを調べることが可能です。

検索結果は・・・

スマホを機種変更した時のlineアカウントの引き継ぎ方法だったりバックアップ方法を検索するユーザーが多いことが分かりますよね!

他にもパソコンで使用する方法だったり、人気スタンプ、自作スタンプの販売方法やらブロックされてるかどうか調べる方法など様々です。

こんな画面も見れます。

これをコピーして次ィィ!!!

Google Adwords(グーグルワドワーズ)の『キーワードプランナー』で検索数をチェック!

参考https://adwords.google.com/KeywordPlanner#start

このサイトでは検索ボリュームを調べることができますので、先ほどのグッドキーワーズで調べてコピーしたキーワードの組み合わせを、ここに貼り付けます。

そして検索結果は・・・

上位の組み合わせだと月間100万〜1000万回検索されていましたし、競合ワードから少し外した上記組み合わせなどはオススメになってきます。

「lineでブロックされているか確認する方法」

みたいな投稿記事テーマが出来上がりましたね1

まとめ

こんな感じで、

  1. 需要のあるテーマかどうか
  2. 検索キーワードの組み合わせ
  3. 検索キーワードの検索ボリュームはどのくらいか(1000〜10000が上位表示させやすいです)

を知ることできましたが、この作業そのものが『検索エンジン最適化(SEO)』です!!!

あとはどのサイトでも色々言われてますけど、コンテンツをモリモリ入れて濃い内容にする作業ですね!

しかし、ここまでやるともはや仕事だよね!!

今回は、以上!

『Best Recommend!!』

-SEO(検索エンジン最適化)

Copyright© LastescapE , 2017 All Rights Reserved.